米国企業と比べても格段に低い数字

米国企業と比べても格段に低い数字

その一方で、日本の技術力に関しましては、いまだ優位を保ってる業界が少なくはない。ある意味、米国企業と比べても格段に最低数字だ。

世界で評価されてる部品や素材、設備には日本のものが多く、日本企業が世界の50%以上のシェアを占めている分野もあるのだ。一般にBtoBで扱う商品は、私たち消費者がスーパーやデパートで手に取るみたいなものでではなく、メーカーに提供する部品や素材に始まり、ツールである設備管理やシステム、人材派遣、各種サービスなどが含まれ、もっとも幅広い。

企業を対象とした取引を行うビジネスを、BtoBと呼ぶ。そのような、世界で高値シェアを誇っているのはまったく、素材や部品をはじめとする生産財や産業財──その為、BtoB産業ということです。

利益率の差は研究開発費など今後の成長に影響し、このままでは日本企業の価値が低下してしまうでしょう。日本の競争力は、こんなBtoB企業が担っているというわけだ。

日本企業の売上高利益率(売上高に比較する純利益の割合)は、この50年間で徐々に減少してきている。今後、少子化で内需拡大は見込めず、輸出産業が経済成長の鍵となることを思えば、BtoB企業への期待は増すばかりです。

私たちはあまり意識していありませんが、とっても身近な製品に使われることが少なくないのだ。ある意味、最終消費者を対象とするビジネスであるBtoC(BusinesstoConsumer)と対になる用語であります。

50年前には約8%だった製造業の売上高営業利益率は、近年、2〜3%にまで落ちてしまいました。とくに製造業でその傾向が逞しい。



米国企業と比べても格段に低い数字ブログ:09-1-18

たくさんの企業がb2b戦略で何回かミスをしますが、いわゆる企業間取引というのは計画を立てるのと、認知拡大方法を本気でやることで、最高の成績を実感することが出来てしまいます。


企業間商取引の悩みは貴方にとってかなり大きな悩みです。「ニーズ調査などを追求したい」「btobで数字を残したい!」B2Bには現実味のある計画を行うのが理想的です。
「わたしも企業間商取引の大成功者に実現してみたい!」っと感じているのでしたら、B2B戦略についてINTERNETでとにかく学んでおくようにしましょう。
インターネットを駆使することで、外出することなく企業同士商取引戦略の勉強ができるのが魅力です。コンサルティング会社のサイトでしたらそうとう理解しやすくなっているのでb2b戦略にお得です。


今自分が利用したい最高の認知拡大方法とBusinesstoBusinessの入門サイトなどを検索をすることで、「巡り合う」ことが出来てしまいます。


TVやビジネス本などでいくつかの企業間取引戦略が紹介することがあります。なかには参考にならない情報もかなりあるので、パソコンのbtobブログなどもチェックをしてみてみてください。


コンサルティング会社に話を聞くことでいくつかの企業間商取引知識を学習ができるのが魅力です。今どのような企業間取引戦略が得られるかを参考にしてみることを是非ともオススメします。



ホーム RSS購読 サイトマップ