物品の売買やサービスの提供

物品の売買やサービスの提供

そうして、取引相手がある程度固定されてるため、テレビCM等が必要とされない。たとえると、スーパーマーケットなど一般消費者が取引相手となるBtoCでは、まったく完成品の売買が中心で、商品のPRを行うためにCMや営業活動を必要とします。

今後は、BtoBで生産コストを抑え、BtoCで効率的な販売を行うという、おのおのの長所を取り入れた「BtoBtoC」というスタイルをもつ企業も増加してくるのでしょう。ただし、相手が違えば扱う物品や戦略も違いましていきます。

これに対して、企業が一般消費者を対象に行う事業を「BtoC(BusinesstoConsumer)」、企業が公的機関を対象に行う事業を「BtoG(BusinesstoGovernment)」という。BtoBなど、これの用語はもともとインターネット上の商取引で使われておりました。

BtoBは「企業間取引」という意味を持ちます。現在では就職活動で企業の特性を表す際に「BtoB企業」や「BtoC企業」などの使われ方をするためになってきた。

一方のBtoBは、主に素材や部品の取引を行います。「BusinesstoBusiness」の頭文字をとったもので、企業が企業を相手に商取引を行うことを指します。

ですから、一般消費者がBtoB企業の名を目にする機会は多くないものの、BtoCに比べて取引量は膨大であって安定した企業が一方ならぬとされます。BtoB、BtoC、BtoGは、そのうちも物品の売買やサービスの提供を行います。

ではBtoBでは具体的にどういうなものを扱っていますのだろうか。



物品の売買やサービスの提供ブログ:01-4-18

btobの基礎知識サイトには、会社間における顧客の悩み解決などの記載されているので、BusinesstoBusinessの際にはまず最初は熟読をすると良いでしょう。


企業と企業の取引でミスしている会社は今の世の中、事実、かなりいます。専門家並の知識のB2B戦略で同じ様な失敗を何回もリピートしないためにも、的確な計画で実践するようにしましょう。


もしかして皆様は効果の無いBtoB戦略を継続していませんか?なかでもニーズ調査などを間違えた知識で実践をしている人も多いようで、btobの失敗要因になるので注意が必要です。
いわゆる企業間取引では信頼性のアップが重要です。企業の信頼性アップは専門家並の知識を学習をして始めていくことが企業同士商取引でとっても無難です。
「btobの代表的存在に自社も実現してみたい!」などと感じているなら、ビジネスネットでb2b戦略についてきちんと勉強をしておくようにしてください。
いわゆる企業間取引戦略で殆どの企業が失敗を経験するものですが、BtoB計画を立てるのと、ニーズ調査方法を実践することによって、btobというのはこれ以上無い成績を本当にすることが可能なんです。


ウェブのコンサルティング会社情報などを利用してコンサルティング会社へ多少でもお求めやすく動いてもらいたいとご希望なら、商品の価格を比べることを推奨します。


BusinesstoBusinessの入門サイトなどを拝見してみると、近年において現在自分が求めていた嬉しい認知拡大方法と「であう」ことが可能なんです。

ホーム RSS購読 サイトマップ