モノやサービスとして最終消費者が触れるもの

モノやサービスとして最終消費者が触れるもの

BtoBtoCはたとえると、何かしらのモノやサービスとして最終消費者が触れるもの・・・これらのBtoBtoCにカテゴライズさせられる商品も、開発者やマーケティング担当者が消費者の気持ちを理解しましょうとするそしたら、わかりませんことがありません。次みたいに似通っているように見られても、BtoBと、BtoC、BtoBtoCということは似ているようで実は全く違う思い方があげられます。

BtoBの場合は「ヒントは現場にある」わけではないです。BtoBにカテゴライズされるものは、得てして自分が最終消費者にはなれません。

これができている企業とできていない企業の製品スペックと、商品マーケティング力の差は歴然としているのです。ということで、その商品を使い始めて実際にいかにして使われるのか、課題は何なのかが明確にはわかってなくなったのです。

自分が所属する会社は、BtoC商品もBtoBtoC商品もBtoB商品も扱ってる関係上、この大原則がブレることがあるのなので雑記帳として書き保留しておくのです。BtoCはお菓子や飲料などのコンビニエンスストアで売られてる商品、携帯電話やLED電球などの家電販売店で売られている商品、車などの耐久消費財・・・これのBtoCにカテゴライズさせられる商品は、開発者やマーケティング担当者が自ら消費者として使用することができます。

だからこそ、製品開発者/マーケティング担当者は、最終消費者の現場へ足を運び、膝を突き合わせて声を聞くことが重要です。「ヒントは現場にしかない」のです。



モノやサービスとして最終消費者が触れるものブログ:08-10-17

今からいくつかの俗に言うBusinesstoBusiness戦略を勉強してみたいと思っているのなら、初としてWebのいわゆる企業間取引戦略サイトで頭に入れておくことが大切です。


BtoBコンサルトなんてとっても気軽な俗に言うBusinesstoBusinessを検討している場合にはいかがですか?自分が理想とする企業同士商取引を最新マニュアルで自分のものにすることが可能です。
今はどんな俗に言うBusinesstoBusiness戦略があるのかということを参照してみることを私は推奨します。多少のBusinesstoBusiness知識をコンサルト会社に話を聞くことで勉強などをすることが可能です。
企業間取引の入門サイトなどを確認してみることによって、まさに最近あなたが求めたい素晴らしい不安払しょく方法と「出会える」ことが可能です。


週刊誌やその他雑誌などでいくつかのBusinesstoBusiness戦略が特集されることがあります。中には間違っている情報もあることから、オンラインのいわゆる企業間取引ブログなども参考材料としてみてください。
INTERNETを駆使することで、家でいわゆる企業間取引戦略の勉強が可能なんです。BtoBコンサルトのサイトでしたらかなり勉強になりやすくなっているのでbtob戦略に必須です。


BtoBコンサルトに話を聞くことでいくつかのb2b知識を勉強などをすることが可能なんです。今はどのようなbtob戦略が期待できるかを参照してみることを私はオススメします。

ホーム RSS購読 サイトマップ